以前ご紹介して好評でした、Rough Country社製のTJラングラー用のロングアームkitですが、続々と取り付け車輌を増やしている状況です。
サスペンションをストロークさせた状態の写真をアップしますので、参考にしていただければと思います。

前後対角線上に高さ300mmのスロープを置いてストロークさせてみました。
フロント左右から。


リア左右から。


車輌は違いますが、コイルスプリングは以前ご紹介した車輌と同じRought Country社製の
4インチアップコイルを使用しています。
フロントスタビライザーはJKS社製のクイックディスコネクトでフリーの状態にしてあります。

下からの写真です。



ピロボールが効果的に動いているのが見てわかると思います。

ノーマルのアームだと、これくらいストロークさせるのはかなり厳しいのですが、ロングアームだと難なく登ってしまいます。
ロングアームだと、ストロークさせた時のステアリングへの影響が少ないので、自分が狙ったラインをトレースし易いのも利点ですね。

ハイクォリティーで、なおかつコストパフォーマンスに優れたキットだと思いますよ!