今回は、先代ランクル76のリフトアップをご紹介します。









前回、現行のランクル76を作業したばかりでしたので先代との違いがよくわかりました。


足回りの構造自体は一緒ですがフレームの幅が広くなり、それに伴いホーシングの幅も広くなっていたり、アームのブラケット等形状が見直されていたりと細かいところでの変更点や技術の進化を感じました。

ですが、先代のランクル76もまだまだ現役です。












現行に負けないくらいかっこいいカスタムをしていきましょう。

ご相談をお待ちしております。