INFORMATION

Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF


この車TJなんです
今回はTJにCJのRゲートを付けてみました



Rゲートを開けるとこんな感じです

もちろんワイヤーで引っ張っているので
多少の荷物は置くことが出来ます


Rゲートの固定用ブラケットもCJスタイルです


そしてTJのノーマルヒンジが付いていた所は
板金して平らにしました

後ろから見たらCJみたいなTJの完成です
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
JKラングラーのリフトアップをご紹介します。


今回作業させていただくのはボディーカラーが個性的でとてもカッコいい MOUNTAINエディションのお車です。






ROUGH COUNTRYの2.5インチアップキットに デュアルステアリングスタビライザーを装着し
タイヤをBF Goodrich Mud-Terrain T/A KM2 35x12.5R17 へとサイズアップしました。















最小限のリフトアップで大径タイヤを装着したこのバランスがとてもかっこいいです。

リフトアップキットは各種取り扱っておりますので気軽にお問い合わせください。
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
前回ご紹介した商品とは別のJKラングラーのバンパー交換をご紹介します。


Rugged Ridge製 All Terrain modular front bumper JKラングラー用を装着です。


純正のバンパーを外し、新たなバンパーを取り付けます。

















今回はさらに Double X Striker Mini Stinger を取付します。











これでスティンガーバンパーの完成です。

バンパー、ストライカーともにパウダーコートが施されておりザラっとした質感になっています。




このバンパーもお好みでバンパーエンドやウインチマウントも装着可能です。










フォグランプは純正移設、もしくは今はやりのLEDフォグランプも装着できます。








興味のある方は気軽にお問合せ下さい。
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF



最近、お問い合わせの多いJKラングラー用のフロントバンパーをご紹介します。

本体はアルミ製でとても軽量に出来ています。

また、ウインチマウント(別売り)を取り付けるとウインチも搭載可能です。


アルミ製のバンパーにウインチを載せて大丈夫なの?と思いますが、ウインチマウントはスチール製でバンパーとは別に
フレームに直接装着するので強度は問題ありません。





ウインチは装着しないという方は上蓋を取り付ければ上面はフラットになります。





バンパー本体はパウダーコート塗装されており、表面はザラッとした質感になっています。





今回はバンパーエンドを装着しませんでしたが、好みによってバンパーエンドやフープ等を装着することができます。

フォグランプは純正バンパーから付け替えをします。






詳細はお問い合わせください。
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
『Bushwacker』 フラットスタイルフェンダーの取付作業をご紹介します。





まず、フロントの純正オーバーフェンダーを取り外します。








次にフェンダーの余分な所をカットします。






オーバーフェンダーを取り付ける為のベースを取り付けます。






最後にオーバーフェンダー本体を取り付け、バンパーコーナーをフェンダーに合わせて
カットすればフロントは完成です。






リアも同じように純正フェンダーを外し、ボディをカット








そしてオーバーフェンダーを取り付けます。






取り付け後になります。









フロント 4.5インチ  リア 3.25インチ のオーバーフェンダーでカットアウトタイプより大きさは
小さいですが、上方に切り上がっている分車高が高く見え、スッキリとした印象になります。

興味のある方はご連絡ください。
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
『ROUGH COUNTRY』 JKラングラー用 ロングアームキットのご紹介です。




 



ショックはキット同梱のものでも充分なのですが今回は『FOX』のリモートリザーバーを装着します。






もともとリフトアップされていたのですが、アーム類がノーマルの仕様だったので今回足回りを一新します。




まず足回りを外していきます。






フレームの内側にあるアームのブラケットをプラズマで切断していきます。






切断したら削ってならしていきます。




これを前後のアッパーアーム、ロワアーム計8か所行います。




次にミッションメンバーを外します。




外すときはミッションをジャッキで固定しながら外します。




純正メンバーと並べてみました。
ブラケットがついており、ここにロワアームのピボット側が取り付けられます。






アームの形状はYの字で、アッパーアームとロワアームが一体式になっています。








フロントのバンプストッパーはコイルのベースに穴をあけ、延長ブロックを取り付けます。






フロントスタビリンクは解除が出来るものに交換します。












純正の燃料タンクガードを取り付ける為に専用のナットも付属しています。








続いてリアのアームブラケットを取り付けます。
位置を出して穴あけしていきます。








反対側はブラケットに車体番号が隠れてしまうのでカットします。




アーム類を取り付け、バンプも延長します。










そしてショックを取り付けます。






前後のプロペラシャフトもダブルカルダンのものに交換します。








アームのピボット部がフレームの中心近くからのびているので、かなりのストロークがありオフロード走破性も高いです。




車高も丁度よく、タイヤハウスからFOXがちらりと見えてなんともいえないカッコよさがあります。





『ROUGH COUNTRY』のキット価格は 284000円(税抜) になります。

詳しくはお問い合わせください。
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
ROUGH COUNTRY バーピンエリミネーターのご紹介です。


ラングラーなどのショックは取付部にバーピンを使用しています。
その取付部にバーピンエリミネーターを使用することによって通常のループ形状
しかないショックなども取付が可能になります。
さらにこの商品自体でショックの長さが1インチ延長されます。

写真はTJラングラーのノーマルショックに取付したものです。
フロント、リアと設定があります。
これはフロントです。

リアです。


前・後各¥3990となっております。
チェロキーなど他車種にも使用可能です。
お問合せはこちらまで 0476-42-8518
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
コチラがキットの写真です

WJ取説
コチラが説明書です


まずはフロントコイルスプリング、ショックを交換します


ラテラルダウン バンプの延長ブロックです
ラテダウンは左ハンドル用なので加工して使いました




ロアアームも交換しますが写真がありませんでした

フロントで一番大変なのがピットマンアームの交換です

わかりにくいのですが左がノーマルで
右が交換した物です

ミッションダウンブロックもキットに入ってました


リアもコイル、ショックを交換してスタビのダウンブロックを取り付けします 


ショックの下部です
ループ1つ分内側に移動するブラケットがついてました
RCXという文字が切り抜かれていてカッコイイです

最後にAアームのブラケットです
            ブラケット取付前                           取付後



このキットを組むことでタイヤ外径820mmと
かなり大き目のタイヤをはくことが出来ました

キット価格¥109830
 
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
JEEP TJラングラーの直進性の向上とデパーチャーアングルの確保のために、リアホーシングを後方に4インチストレッチした作業をレポートします。


まず、サイドシルを延長するためにサイドロッカーガードを取り付けますが、今回はスキッド性の高いGENRIGHT社製の「ミニボート・サイドロッカーガード」を取付ました。

今まで付いていたガードを外し、



下から1インチ位をケガキ線に沿って内側に叩いて折り曲げます。




ロッカーガードを取付けます。(仮付けです)




次に、ホーシングが後に移動するので燃料タンクもシェイプされた物に交換します。
GENRIGHT社製の「クローラーコンプリートガスタンク」を使用します。
アルミ製のタンクと、スキッドガードも兼ねたスチール製のマウントとのセットです。
タンク容量は15ガロン(約68リットル)で、高さも1インチ上がるようになります。






次に、ストレッチ用のリアクォーターパネルを取付けます。
同じくGENRIGHT社製の「アルミコーナーガードset・フルストレッチ」です。



厚さは約5mmです。











取り付けは、ボディーに穴をあけてボルト&ナットで固定します。



給油口も後ろに移動します。






右側にあるキャニスターも取付方を変えてタイヤと干渉しないようにします。





サスペンションはROUGHT COUNTRY社製のロングアームキットをベースにリアのアームを4インチ延長して、フレーム側のコイルマウントは純正を移設して取付けてあります。
プロペラシャフトも当然長い物に交換します。

















なかなか細かい所まで書ききれませんが、質問等ございましたらお気軽に電話もしくはメールでお問合せください。

TEL 0476-42-8518
E-mail info@4x4take-off.com

11/12/11: ブレーキ

Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
ブレーキ

XJチェロキーやTJ YJラングラーは
ブレーキパッドがナックルに取付してあります。
ところがグリス切れや ブレーキキャリパーの
作動不良などで 削れてしまっている車がよくあります。
削れてしまうとブレーキパッドの動きが規制されて
どんどん削れてしまい悪循環になります。




このようになると通常では ナックルASSYで交換に
なりますが このナックルASSYはとても値段が
高いときてます
そこで今回は溶接で修理してみました

削れて凹んでいるところを溶接して
成型します
そして耐熱の黒を塗りました



この様なちょっとしたことでもご相談ください