INFORMATION

過去の記事

You are currently viewing archive for 5月 2008
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
下の二台のTJはどこが違うのか分かりますか?見れば誰でも分かると思いますが・・・


これは米国の 『Rough Country』 TJ WRANGLER用4インチアップキットを取り付けたものです。
キットの内容としては主に、4インチアップコイル・ドロップピットマンアーム・ロアアーム・ショックアブソーバー・スタビ延長・ミッションメンバーダウン・ラテラル補正ブラケット(左ハンドル用)などです。
これだけのキットだと高そうなイメージがありますが価格はなんと137760円(税込)と、大変リーズナブルになっています。この価格でこの品質の商品はなかなか無いと思います。

上の写真はフロント足回りの装着写真です。

上の写真はリア足回りの装着写真です。

このように4インチ上げると車の印象もがらりと変わってよりワイルドなイメージになります。これからリフトアップをしようと考えているお客様には、お値段もショックなど一式付いて、お手ごろな価格となっておりますのでぜひオススメです。加えてリフトアップすることによってずれてしまうタイヤの出幅を補正する為に調整式のラテラルロッドを取付することをおすすめします。

さらにもう少しグレードの高いショックをつけたいと言う要望があればご相談に乗らせていただきますので、ご不明な点と合せてお気軽にこちらにお問い合わせ下さい。
Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
今回はYJ WRANGLERにFOX RACING SHOXを取り付けしました!前後FOXレーシングショック

手順としては先ず 純正のショックブラケットをプラズマカッターで溶断、意外とコンパクトでフレームに溶接されています。 残ったバリをきれいに削ってフレームをまっさらな状態にします。「コレ」がクライスラー純正ショックブラケット

FOXはレーシングショックですからもちろんレース仕様、取り付け部の見た目もレーシーでないとバランスが悪いのとショックの長さに合わせてタワー型のワンオフショックブラケットを作成します。「パイプベンダー」と言う特殊な工具で硬い鉄パイプもご覧の通り綺麗にシワも無く曲げる事が出来ます。
当社のレース車輌作成技術がフィードバックされる所です。
純正品とワンオフ品の比較

ボディーリフトで稼いだクリアランスに助けられてロングストロークのショックでもフロアーぎりぎりで納まりました。
ペイント前のリアショックブラケット

今までより10センチ以上長くなったショック。 伸び、縮み共にサスペンションストロークを確保。
右後ろのタイヤハウス内




» 続きを読む・・・

Category: PITニュース
Posted by: TAKEOFF
タイトルを見てお気付きの方も居ると思いますが実際V24とはパジェロの型式で言うとVはパジェロシリーズ2は標準ホイールベース4はエンジン区分で4D56を搭載するディーゼル車の事を表します。

一見普通のPAJEROですね。
手前のフレーム付きの車?ですよー
さて問題、 上記掲載のシャーシ&エンジン。 何の車の物でしょう。
丸目のパジェロにMIVEC?
ヒント MIVEC

» 続きを読む・・・

Category: Jeepあれこれ
Posted by: TAKEOFF
オーバーフェンダーを取り付けたJEEPのヘッドライトの車検対策として、バンパーの上にライトを増設するやり方がお手軽で主流なのですが、「フロントまわりをスッキリさせたい」と言うお客様の要望があり、純正バンパーの中にヘッドライト(ロービーム)と車幅灯を埋め込んでみました。
現在後ろ側は簡単なカバーだけで横から見るとライトの裏側や配線類が丸見えなので、きちんとしたカバーを製作する予定です。



新しいひとつのスタイルとして「アリ!」なのでは?

陸事の検査官も「ほほぉ、そうきたか!」っと感心していました。

いつでもご覧いただけるように当社のTJラングラーも同じ仕様に改造しますので機会があればご覧になってください。
完成したらアップしますのでしばしお待ちを!
Category: 新着入荷情報
Posted by: TAKEOFF
いきなりですが、こんな物見つけて来ました。先日、MOABの帰りに立寄ったオフロードショップに2セットあった物を大人買い?したら、大変な思いで持ち帰る破目になり、「周りの迷惑カンケーネー!」のおじさんになってしまいました。BAJA デザートレーサー
デザートレーサーの人気は、とても日本人には理解しにくい物ですが、北米モータースポーツの2大カテゴリーがNASCARとこのデザートレースで、理屈抜きで楽しめるのがデザートレースの大ジャンプです。実物のジャンプを目の当たりにしたら、子供からお年寄りまで大歓声を上げてしまいます。

トロフィートラックと呼ばれる最上位カテゴリーのマシンモデル2台と充電兼発射台2個にジャンプ台のモックが付いております。

遊び方はいたって簡単、写真の発射台で5秒充電(赤のCHARGEボタン)したら発射ボタン(緑のLAUNCH)を押すだけ。スッゴイスピードでダッシュして、ジャンプも見事に決まります。1回の充電で30mくらい疾走するので広いところで遊んだら、いい運動にもなりそうです。
価格はロッククローリングと同じ4800円(税別)を予定しております。